ブログトップ

mild country

mildou.exblog.jp

気が小さいだけ


小さい頃は気にしたことはなかったのだけれど
大人になっていくにつれ少し不安なことがある
どうやら「刺さる系」がダメらしい
針治療では意識を失ってしまうし
献血でも頭が真っ白になって倒れそうになる
(もう達磨のタトゥーも入れられない 笑)

一度部屋の中でカッターで指を深く切ってしまった時
があってその時も意識を失くして倒れて
頭まで怪我をしてしまったことがあった
そんなことがあるので仕事中に怪我をすると
まず自分から先に倒れておくようにしている
まわりの人からすれば それ位の怪我でどうした
何て言われてしまうことだが
自分からしてみると現場で倒れてしまったら大変だし
意識が遠くなる感覚がなんとなくわかるので
二次災害を防ぐ行為としてやっている

先月 現場での仕事中に解体建物の屋根裏に
スズメバチの巣を発見して上を見上げていると
(ちなみに蜂に刺された時も大騒ぎした)
足を踏みはずしてしまって高低差のある道路へ
落っこちてしまった
痛くてそのまま倒れこんでいると
近所の人や仕事仲間もかけよってきた
思いっきり足から落ちてしまったので
少し休んで「大丈夫」と言って立ち上がった
それから数分後 また同じ場所で倒れこんでいた
どうやら意識を失って同じ所からまた落ちたらしい
近所の人がその瞬間を見ていたらしく
「救急車呼んでください」と仕事仲間にかけよっていた
その日は雨が降っていて雨に打たれて
頭の意識はしっかりしていた
「本当にもう大丈夫です」と言って仕事を続けた

「落ちる系」も駄目らしい

母の見舞いで実家へ帰った時に
そんな自分の身体のことを話してみると
母も同じらしい
そういえば弟が怪我をして血だらけになった時
何故か母が倒れたことを思い出した
遺伝なのかな 何て話をしていると
心配そうな顔をした母が
声が出ないのでだまってメモに何か書いて
すっと自分へ渡してきた




気が小さいだけ と



これには兄貴も親父も大笑い
自分も結構真剣な悩みだったのに
笑うしかなかった
母親も笑っている
(笑い声だけはでるのが憎らしい)


今では母親の声はリハビリの甲斐もあって
片言の言葉がでるようになった
電話越しで笑っちゃいけないんだけど
「外国人みたい。もういっそのこと
英語話す練習したら」って言ったら
また大きな声でしっかりといつものように
笑っていた


人間の身体って不思議








ps. 新しい靴は早くも壊れ
楽しみにしていた日曜日も仕事になってしまった






俺も頑張るかな
































[PR]
by mild-country | 2015-10-31 23:16 | 日々 | Comments(0)
<< 自分の感覚 TGIF >>