人気ブログランキング |
ブログトップ

mild country

mildou.exblog.jp

summer of


窓を少しあけて蚊取線香をつける
静かな音楽をかけて床をはく
テーブルを拭いたりしながら
ものの配置を想像してみる
窓から入る光とか照明の先や影とか
床に埋まった貝殻の横にあれをおこうか
入り口を綺麗にして水をまく
控えめな音のする風鈴をかけて
のれんをつけよう
少し涼しくなったフリをして
店を開ける

場末の街の集会所で店をつくってみる
ただの寄り道のようなそんな行い
深まっていく夏の1日

8月25日 (sun)
三崎西銀座 貝がらホール にて展示販売します

時間 11時から18時30分まで
場所 神奈川県 三浦市 三崎 4ー3ー5

京急線 三崎口駅下車
バス 三崎港行 15分 駐車場あり



吉田拓郎とか荒井由実とかかけながら
夏の話しをしよう

花を少し飾っておくよ

夏はまだ続くみたい



















e0172552_22301033.jpeg
e0172552_22284032.jpeg
e0172552_22292089.jpeg



















# by mild-country | 2019-08-25 23:38 | 貝がら | Comments(0)

door


この扉を開けるとなんて書き出しはやめておくとして
町を歩くとなんてことないガラスのドアを見つける
アンティークでもなんでもないもの
大きな丸や大きな四角の押し引きするやつ
なんて呼ぶんだろう
いつも少し色あせている
見るたびにこういうドアいいなと思っている
ずいぶんと前から

どうでもいいようでいて
どこかどうでもよくないこの感覚は
一体なんだろう






e0172552_00141896.jpeg














# by mild-country | 2019-08-19 00:25 | 日々 | Comments(0)

line up


鬼のようなダイヤガラス
欠けた植木鉢
シェル コレクター
sweet /
良いたわし
太い釘
飛んでいきそうなキャセロール
雪やけこけし
Lacy plastic case
Late for the sky
懐中時計のチェーン
ふくらはぎの木型
大きなガラスレンズ
小瓶
洗濯したラルフローレンのショートパンツを履いた
この夏に何度も履いて何度も洗濯したもの
ポケットの奥深くにずっとあった少し色のはげた
ピンク色の小さなスーパーボール


いつもの free style













# by mild-country | 2019-08-18 23:23 | 商品など | Comments(0)

ここから


どこかの誰かの切手のアルバム
いろんなジャンルに分けられている
そのまましばらく展示販売へ持っていった
転売業者が何枚か抜いていって
コレクターの人が何枚かずつ買って
切手好きの人が1枚ずつ買って
たまたま見つけた人が少し買った

いくつか自分で整理して
残りものを写真に撮ってみた
富士山 オリンピック 飛行機 滝 天文台 宇宙
星空 植物 こけし かもめ 太陽とか

わるくない
ん 今一番いいんじゃない

ここからだろ











# by mild-country | 2019-08-17 22:38 | 商品など | Comments(0)

かんたんな言葉


私 メンヘラなの と彼女は言った
そうなんだ、俺それの老舗みたいなもんだけどと返した

それパワハラじゃないすか と彼は言って
バカやろう ここはそれの発祥の地だぜと返した

簡単な言葉で片付けてしまうなよ
その中にはいろいろあるだろうよ
と思った











# by mild-country | 2019-08-16 22:39 | 日々 | Comments(0)

line



いろんなことをあきらめていいわけばっかりうまくなり
責任のがれでわらってりゃ 自由はどんどん遠ざかる
金がモノを言う世の中で 爆弾抱えたジェット機が
僕のこの胸を突き抜けて危ない角度で飛んでゆく
満員電車の中くたびれた顔をして
夕刊フジを読みながら老いぼれてくのはゴメンだ

生きられなかった時間や生きられなかった場面や
生きられなかった場所とか 口に出せなかった言葉
あのときああすればもっと今よりしあわせだったのか
あのときああ言えばもっと今よりしあわせだったのか
机の前にすわり計画を練るだけで
一歩も動かないで老いぼれてくのはゴメンだ

ぼくがおもちゃの戦車で戦争ごっこしてた頃
遠くベトナムの空で 涙も枯れていた

ジョニーは戦場へ行った

ぼくはどこへいくのだろう
真夏の夜明けを握りしめ 何かべつの答えを探すよ
だれかが使いこなすホンネというタテマエ
ぼくはラインを越えて確かめたいことがあるよ















詩 マーシー
















在る一線を越えると
そこから本当がはじまる
痛かろうが苦しかろうが見苦しかろうが
確かめる
その中に在る自分の言葉や思い
しっかりと握りしめる
溢れ落ちたいくつかのかけらは
とても綺麗で
拾い上げて空へ放つと
それはもう星だよ

その手に残るいくつかのものは
はなさず持っておこう




















# by mild-country | 2019-08-15 20:13 | 日々 | Comments(0)

free style


薄い紫色の朝顔
後から染めたt shirt
経堂
イメージとの逆の中にわりと在るもの
john derian company
金魚
ダリア
青いワンピース
ギネスビールの泡
stay with me
stand by me
オレンジ色のケイトウと夏
遠くから届く祭りの動画
線香の匂い


夏の一日のfree style







# by mild-country | 2019-08-15 13:00 | 日々 | Comments(0)

良人



それはいい人過ぎるよって言われたとしても
俺はいい人間になりたいから
まわりの言う いい人って言葉に詰まった意味など
ぶっちぎっていたい
俺は俺が思う良い人になりたい

背中左上の方に 良人ってタトゥーでも入れとこうか
その下にはブーゲンビリアの花を















# by mild-country | 2019-08-12 22:18 | 日々 | Comments(0)

日曜日の日記


昼前に目が覚めた
また二日酔いの日曜日
シャワーを浴びて 布団を干す
しじみの味噌汁と冷奴と昆布のおにぎり
冷たい抹茶を飲む

やり残した仕事へ出かけて
仕事の車両を洗車した
ついでに自分のトラックも洗った
だいぶ汚れたままだった
水垢を落としシャンプーしてまた水垢を落とす
ワックスなんてかけない
どんなに綺麗にしてもピカピカになんて
なりゃしない
それでもいい いやそれがいいのか
もう20時

少し綺麗になった車で海沿いを走る
夜の道はすいていて 逗子まで行った
いつもの渚橋珈琲で雑誌を読む
たまっていたlineにしっかり返信をしておこう
明日のやることをメモする
夜の23時

星が綺麗だからも少し寄り道して帰ろう









# by mild-country | 2019-08-11 23:37 | 日々 | Comments(0)

そのまま

e0172552_1602275.jpg


そのままでいようとして
そのままじゃいられなくなった
そのままじゃいられないよ と言って
そのままにした

そのままでいいんだよってみんなが言うし
自分にも言い聞かせるんだけど

そのままがわからない

そんな時は抱きしめたらいい
らしいよ。











# by mild-country | 2019-08-07 21:07 | Photo | Comments(0)

覆う




e0172552_1426731.jpg

自然に とそういう言葉を使うようになったのは
たぶんここ数年だと思う
いつのまにか いろんなものことに覆われていた
それはきっと自然なことなのかもしれなくて
でも一度 すべてを取っ払ってみて
そのままを感じてみたいと思うこともある
それもまた自然といえば自然

いろいろあるよな 自然って


ナチュラル系だな
























# by mild-country | 2019-08-06 22:27 | Photo | Comments(0)

私たちの望むものは

e0172552_23255937.jpg



私たちの望むものは と事あるごとに考えてみる
そのときそのときで変わっていくような
最初から変わっちゃいないような

少し何かが分かったような気がしたら
また話そう












# by mild-country | 2019-08-05 23:28 | Photo | Comments(0)

なつの


e0172552_22261229.jpg



私 夏の花火みたいな男大嫌いっ て言っている人がいて
なんかナイフで刺された気がした…

そんなふうに言ってしまうなよ
ずっとあることだろうよ

夏の花火のようなことだって














# by mild-country | 2019-08-03 23:29 | Photo | Comments(0)

愛がしらけてしまわぬようにと


せっかく持ち合わせていた愛のこととかを
どうせなら書いておきたい
どうかしらけてしまわぬようにと







# by mild-country | 2019-08-02 22:15 | 日々 | Comments(0)

walk man / 枯れないやつ


ボタンを深く押すような感覚で
どういう訳か ガチャっとした
早送り巻き戻し再生停止録音リバース
どれだって構わないけど
てめぇの人生を歩こう


君はどう?



















# by mild-country | 2019-08-01 21:21 | うた | Comments(0)

8月の予定

e0172552_21100956.jpeg



花束を考える
いろいろしまう
布団を干す
安全靴を洗う
普通のカレーをつくる
海に潜りすげー泳ぐ
バーベキューで気を使う
映画館で眠りたい
小田原へ行きたい
夏の写真をとりに行こう
スナックの片隅で恋しくてを
しっかりうたう
線香花火を買っておこう
三崎 貝殻ホールにて展示販売
公園であの子とアイスを食べたいと思う



そういうことだろう












# by mild-country | 2019-07-31 23:41 | 今のこと | Comments(0)

情熱てきな

うだるような熱い一日
時折吹く海からの冷たい風だけが救い

真っ二つに切断されたなんてことない赤い鉄の脚立を
展示販売用に買った
手に持つとはげた赤い塗料が手に付く
一度ぬるま湯で洗いをかけ家具用のワックスで
コーティングすると鉄の錆ごと艶がでる

リビングのテーブルの上には先週買った赤い器がある

それに合わせてしまってあった
だるまの真っ赤な手拭いと
marobayaの真っ赤なtシャツをとりだした

失いかけた情熱みたいなものも とりだしとけよ

ちゃんと。














# by mild-country | 2019-07-29 22:45 | 日々 | Comments(0)

flavor


ふと気が変わって酒を飲みに街へでた
1人でBARみたいな場所を3軒はしごした
ビール テキーラ ウイスキー 焼酎を適当に飲んだ
1軒目のテキーラですでに酔いがまわっていて
3軒目にはもう眠かった
店をでると足元がふらついて自動販売機で缶コーヒーを
買って飲んでいると偶然知り合いの女の子が通りかかって隣に近づいて話しかけてきた
「何してんのー?」
「んー酔ったから休んでる」
「わー珍しく酔ってる」と笑われた
飲みかけのコーヒーを渡してすぐにその場を離れ
公園の方へ歩く途中で久しぶりに会う先輩たちに
声をかけられた
「おー珍しいじゃん 、しかもフラフラ」と笑われた
「久しぶりだから たまには付き合えよ」と言われ
「今日だけ いいっすよ」と言ってついていった
そこからさらに3軒の店を朝方までまわった

最後にショーパブのような店へ入った
ステージでは酔ったおじさんが歌いながら
ニューハーフ/MTF?の子と抱き合い
泥酔した客の女の子たちはゲイ男性と踊っていた
様々な国籍と性別でもう何が何だかわからなくて
酔いも手伝ってかとびっきりありのままのその場所が
妙にしっくりきてとてもおかしかった
酒を飲みながらまわりを見渡すと大概の人と目があった
どういう訳かこういう場所では割とモテる…
1人の小ぶりな女性風の人が近づいてきて
いきなり自分の膝上に座ってきたけれど
何の抵抗もせずにすっと身を任せた
「何か歌って」と耳元で自分が言うと
すぐに曲をいれて歌ってくれた
歌がとても上手くて思わず泣きそうになった
歌の途中で振り返りながらキスをせがんできたけれど
するそぶりをしてチョコを口に入れてごまかした

時間が来て店を出る時に背の高いゲイ男性とハグをして
綺麗なニューハーフの子の手を握り
店のみんなに手を振って別れた
フラフラな帰り道で先輩たちに
「お前誰でもいいんだな」とからかわれて
「いや 普通に楽しかったから」と答えた

そこからどうやって帰ったかは覚えてないが
無事に家の布団で目が覚めた
汗ばんだtシャツを脱ぐと
ココナッツのような甘い香りが染み付いていて
その匂いにつられてトイレですべてを吐き出した

無駄な赤裸々な日記

そんなもん
だけど しっかり生きなきゃ。。



















# by mild-country | 2019-07-29 00:26 | 日々 | Comments(0)

Flower base

e0172552_21235923.jpeg

身体がオーバーヒートしていて風呂上がりに
軽く夜の散歩をする
パーっと酒でもって気分にはどうしてもなれないから
アイスを買って帰る
深く何かを考えている訳でもないけれど
少し寂しさを感じる
好きにしろよ

パッとしよう

5月と6月で花器を5個売った
残り2つは少し渋めのもの
も少し軽やかなものを集めたいと思っていた

仕入れをする時にいろんなものの中から
1つのものが浮き出て見える 魔法みたいな感覚がある
今回手にしたものはアメリカのLENOX社のもので
程よいサイズ感と口元の絶妙さそして絵柄もfunny
使い勝手もいいだろう
いったいどんな花が合うだろうか
そういう想像の楽しさも花器を扱う理由だったりする

写真は去年の夏の室内展示
パッとしないね…
素朴。。













# by mild-country | 2019-07-26 22:54 | 商品など | Comments(0)

デミタスカップ


気圧の変化に身体と心がおっつかない
週末にはまた低気圧がくるからぐたぐたになるだろう
そういうときはそういう時。

日記を続けよう
現在持っているデミタスカップは2つ
1つは大正時代の花柄で
も1つもそれくらい古い白磁のもの

白磁のものは最近入手したもので
雑多なところにぽつんといたので
持ってみることにした
見た目ももちろん目をひくのだが
持った瞬間にその良さが分かる
取っ手のしっくり感 重さと厚み
どれも丁度いい
なんてことないものの良さを見つけるのは
気分がいい

これ日本の? と自分
日本なのにかわいいでしょ?と店主

すごく良く分かる会話なくせに
日本なのにはおかしい!と言ってみせた

でも多分この会話を売る時もするんだろう

そんなことより
濃くて苦く深みのあるデミタスがよく似合うと思う
心にグッとくるやつが飲みたいね



good night











# by mild-country | 2019-07-24 22:19 | 商品など | Comments(0)